記録あれこれ 
by okazawa-etsuko
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
卒母近し


お気遣いいただいていた息子の大学入試ですが
北海道の最果ての大学に決まりました。

後期まで引っ張ったので
どうなるかと思いましたが
決まって良かったです。
バタバタと片付けやら
引越しの準備をしています。

巣立ちの日が近づいて思うのは
「よくやった自分」と
「何にも出来なかった自分」の
二人がいた!ということです。

小中6年近く学校も
行かなかったしねえ。。
他のお子さんみたいに
音楽会などの学校行事にも
参加できなくて
彼の社会性の成長をずっと
石のように待っていたけれど
母としての自分を責めすぎて
仕事なかったら子育て
乗り越えられなかったよ。

という部分と

それでもとにかく
ごはんだけは食べさせて来たけれど
彼の望んだ
愛情をたくさんかけて
あげられたのかなあ。
心配ばっかりしていたけれど
母としては
うまくできなかったなあという
部分と。

それでもお母さんという役割は
素晴らしいものだったですよ。


こういった複雑な感情を
感じられるというのも
子供を持つ素晴らしさと思うので
じわじわ味わうのも
よかろう、自分。

そしてお疲れちゃん、自分。

(しかーし!息子は母さんのことは
全く心配じゃないらしい。
「だって母ちゃん強いじゃん」
どちらかというと父ちゃんを
心配している息子なのであった・・)